最先端のデジタル歯科・セレックを、いち早く採用しています

セレック治療をお勧めする理由

審美歯科治療とはいっても、見た目が美しければ良いというわけではなく、機能面や耐久性にも優れている必要があります。そして、一番大事なことは、詰め物や被せ物といった修復物が必要になった大きな理由(=虫歯や歯周病)になりにくい(再発しにくい)状況に仕上げていくことでしょう。

その点セレック治療は、手作業ではなくコンピュータによって修復物を作製しますので、完成物の精度が圧倒的に優れています。そのため、詰め物や被せ物と歯の隙間がぴったりと埋まり、隙間からの虫歯発生率が抑制されます。また、同様の理由で雑菌が溜まりにくい状況が作られますので、歯周病の予防にも繋がります。

セレック治療の特徴

■治療期間が短縮でき、通院は最短1日でOKセレック治療■
診察・診療の後、その場で詰め物や被せ物を設計・加工することができるため、「仮歯を入れておいて、歯科技工所から修復物が出来上がって来るのを待つ」という期間が不要です。そのため、午前中に診察・診療を受けたら、午後には装着、治療が完了するといったケースも珍しくありません。

■天然歯に近い審美性&質感を実現セレック治療■
セレック治療では、規格生産された高品質なセラミックブロックを使うことによって、天然歯に近い品質が安定的に得られます。審美性に優れているだけでなく、(手作業ではない)機械で削ることで極限まで誤差が抑えられ、隙間なくピッタリ収まるのです。

それは噛み心地や舌触りといった質感においても、天然歯に近い自然な感触を実現し、また隙間が出来ないことは不要な負荷

■メタルフリーだから金属アレルギーの心配がないセレック治療■
見た目は白い被せ物であっても、その土台には金属が使われている場合があります。金属は口腔内で金属イオンとなって溶け出すため、蓄積されると金属アレルギーを発症するケースがあります。その点、セレックのセラミック治療では金属を一切使用しないので、金属アレルギーになる心配がありません。そういう意味でも、セラミックは体に優しい素材なのです。

■メタルタトゥー(歯ぐきの黒ずみ)が起きないセレック治療■
メタルタトゥーとは、金属イオンが原因で起こる歯ぐきの黒ずみです。被せ物の土台に金属が使用されている場合、溶け出した金属イオンが蓄積されて、人によっては、このメタルタトゥーが起きてしまう可能性があります。メタルタトゥーは、治療しても改善されないことが多いといわれていますので、そういったデメリットを回避するためにも、体に優しいセラミック治療がお勧めです。

■むし歯の再発リスクが抑えられるセレック治療■
帯電しやすい金属には、汚れや細菌が付着しやすいというデメリットもあります。さらには、歯と金属を固定するために使用するセメントも、溶け出したり、噛 み合わせの力や時間経過によって少しずつ壊れたりするため、隙間ができ、その部分からむし虫歯になってしまうことがあります。

セレックで使用するセラミックは粒子が細かく、舌で触れるとツルツルしていると感じられるほど、表面がとてもなめらかなので細菌が付着しにくく、口腔内の衛生が保ちやすいので、むし歯発生のリスクが抑えることができ

ご相談はお気軽に

歯について気になることがあれば当院まで

住所 東京都豊島区駒込1-43-14 南駅前ビル2F
アクセス 駒込駅南口から徒歩約1分
休診日 水・日・祝日

  • bottom_01.png
  • LINE予約
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問 Q&A
  • 患者さまの声 Voice
  • 医院ブログ Blog
03-3943-6646